シリウス先生の談話

アクセスカウンタ

zoom RSS jbibtex エラー: I found no \citation commands ---

<<   作成日時 : 2009/06/05 11:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

LaTeXで文献データベースから「参考文献」を出力する方法について:

[前準備]

(1) 文献リストのファイル(データベース)を作成しておく。これは ファイル名.bib である。
(2) .texファイルがあるフォルダ(作業中のフォルダ)に.bibファイルを置いておく。
(3) cite.styをhttp://www.ctan.org/tex-archive/macros/latex/contrib/cite/よりダウンロードしてくる。
   (これは\usepackage{}で読み込むファイルである)
(4) (3)でダウンロードしたcite.styを作業フォルダに置いておく。

[実行手順]

(1) まずプリアンプルに\usepackage{cite}と書くことを忘れずに!!
(2) 「参考文献」を出力したい部分に以下のように書く。

\bibliographystyle{jplain}
\bibliography{***.bib} % ***にはファイル名を書く。

(3) コンパイルする(この時点ではエラーがでる)。
---
(4) コマンドプロントを起動する。
(5) .texファイルがあるディレクトリ(フォルダ)へ移動する。
(6) jbibtex ***.bib とコマンドする(すると、.texがあるフォルダにいくつかのファイルが出来上がる)。
(7) 再びコンパイルする。
(8) さらにもう1回コンパイルする。
(9) dvi出力する。

Windows環境でhttp://www.ms.u-tokyo.ac.jp/~abenori/mycreate/よりtexインストーラをダウンロードし、インストールした場合はcite.styがない。したがって、これは自分で用意しておかないと.bibを作る時点でエラーが出てしまう。そのエラーメッセージは

   I found no \citation commands ---

といったものである。これは\usepackage{cite}をプリアンプルに書かず、本文中に\cite{}を書いておかないと出るメッセージなのです。

本文中で文献を参照しない場合であっても、とりあえず jbibtex ***.bib とコマンドする時点では本文中にこれを書いておかないといけないようである。なぜなら、同フォルダにある***.auxというファイルに\citationという命令がかかれないと、上述したようなエラーがでるためである。一旦、***.auxに\citationという命令が書かれれば、あとは本文中に\cite{}を用いなくても問題なくコンパイルが通る。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ バッグ
jbibtex エラー: I found no \citation commands --- シリウス先生の談話/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ バッグ
2013/07/08 02:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
jbibtex エラー: I found no \citation commands --- シリウス先生の談話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる