シリウス先生の談話

アクセスカウンタ

zoom RSS 実感のこもった革靴のお手入れ

<<   作成日時 : 2016/04/10 19:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

革靴の手入れ方法として参考になるサイトはこちら↓


▼知りたい!靴のお手入れ(株式会社リーガルコーポレーション)
https://www.regal.co.jp/kutsu/care/


▼革製品のお手入れ(株式会社コロンブス)
http://www.columbus.co.jp/how_to_care/maintenance/gloss/index.html


要約すると、

1.靴のホコリなど、表面の汚れをとる

2.クリーナーできれいにする(例:メイクお落とし、洗顔)

3.クリームで革のお手入れ(例:化粧水)

4.仕上げ(例:お化粧)

という流れになります。


各工程で必要な道具があるのですが、すべて手に入れなくても代替して使えるものなどあるので、無理にそろえる必要はなさそうです。道具をそろえるのも楽しみの一つかもしれませんが。


1と2で必要なもの:ブラシ、クリーナー、クリーナー用ウエス(布)

→ブラシの代わりに、使わなくなったタオルを使えばOK
 クリーナーは買った方がよいですが、クリーナー用のウエスは使わなくなったハンカチとかでOK


3で必要なもの:専用のクリーム、ウエス

→クリームは買う必要がありますが、ホームセンターなどで売られているものより「ちゃんとした」ものの方がおすすめです。特に高い靴を買った場合は長年持たせるために800円〜1000円くらいのものを購入するのが無難です(安いのは400〜600円で買えますが・・・)。

4で必要なもの:専用のスプレー

→革に栄養を与えたり、防汚・防水の機能をもったスプレーがあります。


なお、靴底(ソール)が革でできている場合は、これまた専用のクリームがあります。これも革に栄養を与えるもので、定期的にメンテナンスしてあげる必要があります。


少し面倒かもしれませんが、2週間に1回くらいは上記の総メンテナンスをしてあげるのが吉。それでも面倒なら1ヶ月に1回はしてあげないと、長持ちしません。よく靴の側面がしわになって破けてしまうことがありますが、長年の劣化でそうなってしまうものの、丁寧にメンテナンスすることで長持ちします。

※これをサボると、せっかく買った高い靴がもったいない!!


あと、本当にそこまで必要か?と思うグッズの一つとして 「シューキーパー」 と呼ばれるものがあります。これは使ってみるとよく分かるのですが、靴の形を維持するだけでなく、汗をかいた水分や臭いを除去するために効果を発揮します。
(2000円くらいで安く買えるものもありますが、できれば4000円〜6000円くらいのものを買った方がよいです。何事も使ってみるとよく分かるもので、高いやつはフィット感が全然違います。)

成人男性で一日におおよそグラス一杯くらいの汗をかいているそうです・・・

なので、1日履いたら中2日は空けないといけないらしく、すなわち靴は最低でも3足(組)必要だということです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
実感のこもった革靴のお手入れ シリウス先生の談話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる